トップ 田村隼人について 講演・セミナー情報 関連サイト お問い合わせ

 

うつ病を乗り越えた人の秘訣

 

今日は、すごく嬉しい話がありました^^

それをみんなにお知らせしたいです。


今日、夜9時頃電話がありました。


その人は、うつ病になってしまった人。

外に出るのも恐くて、電車に乗ると吐き気がする。


3ヶ月前まではそんな状態でした。

しかし、今日話したときに、まず第一声から違かったんです☆

元気な声に自分がびっくりするくらいでした☆


以前電話をしたときは、

「自分がこの世に生きていても仕方がないんじゃないか」

と言っていたくらいなんですから。


でも、そんな人がすごく元気になっていた。


その人の話を聴いていると、


「自分が鬱から立ち直れたのは周りのお陰なんだ」


という話をしてくれました。

「大学の隣に座った人と仲良くなったら、その人の彼女もうつ病だった経験を持っていて、その人につないでもらったら、沢山勇気が出る言葉をもらったんだ」

という話や、

「友達に小学校の写真見せるって約束して、持って行ったらその横に写っていた人が友達の知り合いだったんだ。
しかも、そのこが看護師で、精神病の患者についての知識をすごく持っている人で、いつでも連絡してきてねって声をかけてくれた。」

とか。

しかも、

「また大学でたまたま知り合った人が消防署に勤務している人で、自殺現場によく行くらしい。
すると、こういうことをアドバイスしてくれるんだって。

「2階から飛び降りても痛いだけで死ねないよ」とか^^;

「電車に飛び込むと、○○だけ費用がかかるんだよ」とか^^;」


リアルです笑


でもそんな話を聴いていくうちに少しずつ自分の中のわだかまりが取れていったそうです。


そして、今はピンピンとまではいってないですが、イキイキとした声を発するまでになりました。

では、この人の運命的な出会いの要素はなんだったんでしょうか?


これはあくまで解釈ですが、

この人の習慣の一つにあるものがあるんです。


それが

「感謝の心」

なんです。


いつでも「ありがとう」という言葉を使います。

そして、いつも謙虚なんです。


そしていつも考えているのが

「この恩をどうやって返そうかなぁ?」

と常に思っているということです。


そんな小さな気持ちですが、

「感謝」という気持ちを持っている人の周りの人は必ずその人を助けてくれます。

そして応援してくれます。

なぜかって?

そりゃ、だって感謝してくれる人の方が応援したくないですか?


始めは下心からのスタートかもしれない。



でも僕の師匠の鈴木惣士郎さんは言います。


「武道の世界では型を極めるんだ。

なぜかと言うと、こういう言葉があるんだよ。

「型あるものに心宿る」

だから、始めは下心かもしれないけど、

型を丁寧にしていけばいくほど、そこに心が宿っていくんだよ」


と教えてくれました。

だから始めは型だけでも良いんです。

後から心は付いてきます。


だから、感謝が出来ないと悩むのではなく、

形から入ってみてはいかがでしょうか?

そして、あなたの周りのうつ病の人がいたら、その人の力になってあげてください。

その人が言っていたのは

「話を聴いてくれるだけでも安心するし、自分が生きなくちゃって思えると元気がでる」と。

だから、僕たちは特別何か大きなことが出来なくても、人を助けることはできるんです。

それはあらゆる人を助けろという話ではありません。

せめて、あなたの大切な人の心に耳を傾けてあげてください。


それが僕からのお願いです。

今日はすごく嬉しい話が聴けて心がウキウキです^^


明日もまたあなたの下に沢山の幸せが降り注ぎますように♪

 

 

 

 

やりたいこと発見メッセージ
参加者からの声
やりたいこと相談
田村隼人おススメの本
コラム
活動実績
やりたいこと発見無料小冊子

やりたいこと発見ブログ

8日間で見つかる!やりたいことを見つけた人だけが知っている秘密の質問 やりたいこと発見メルマガ →詳しくはコチラをご覧下さい

 
Copyright 2007 All Rights Reserved by yaritaikoto.net-
 
一人暮らしインテリア.com©2006